笑いと何かをぶつけていきます


by chaborosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

vermillion

vermillionぼくらは生きることにしがみついたけれど
vermillionそれをカッコ悪いとは思わない

真っ直ぐすぎる君だから自分の椅子が見えないと
冬の枝のように折れるようで心配なんだ

あの日丸めたままの
紙切れは押しつけて走ってた
---- 僕を覚えていて… ----
指で文字をなぞっては
大声で泣いた夕映え



一番の詩だけで「ぼくらの」の世界感が伝わって泣きそうになるorz
決意する者と見送る者…
想像だけでいろんな地球でいろんなドラマがあって…
救えない辛さがぼくらのの酷いところで考えさせられるところだったんだよね

自分の命で救える命
自分の命でおわる命

あのアニメは印象深い…
[PR]
by chaborosa | 2009-05-16 18:30