笑いと何かをぶつけていきます


by chaborosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タイトル考え中

テンプレート的な感じでsuperfryの愛を込めて花束をのメロディーに合わせて何となく書いてみた詩
何となくすぎて中途半端になった(ノ∀`)アチャーw2番も書かないと内容がまとまんねぇw


静かな雨が好きと
隣で君はつぶやく
ベランダ 雨音聞くと
穏やかになるだろう

曇った違う景色と
ルームライトの光が
小さな僕の心に
今でも残ってる

この街を出たあの時から
不安と希望が交差し続けた
何度も鏡の前の
あなたに聞いて
自分の道を決めてきたんだ

僕の進むこの道は
間違ってたりはしないと
昔の僕が後ろ押す
後ろを振り返るより
前を向いて歩けばいい
光の先へ
[PR]
by chaborosa | 2009-07-29 08:13